GDI+DTFビジネスの日本語登録からサポートさせてもらいます。経済的自由を目標にみんなとこつこつ、がんばっています。
2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GDI+DTFの解説と登録はこちら!


一票の応援ポチッお待ちしてますm(_ _)m
人気ブログランキングへ
私は中国の話が大好きで、特に春秋戦国時代や三国志に出てくる人々の魅力に首根っこを抑えられています。

最近は、映画「レッドクリフ」で三国志にスポットが当たりましたが、私は蒼天航路というアニメを楽しみに見ています。

この蒼天航路、原作はモーニングという雑誌に掲載されているマンガで、三国志の世界で悪役の曹操が主人公の物語。

曹操は詩も絵も描くし、歌を歌い楽器をかなで、舞もたしなむ一方で、馬・武術にも優れ非常に優れた人物でした。

個人的には孫子の兵法に注釈を入れたり多くの有能な人物を募ったり、屯田兵をはじめたり、本当にすごい人物だと思っています。


では、劉備は?

劉備はどちらかというと、「親分」として描かれています。

とても魅力ある人物で、義理、人情に厚いという点では、レッドクリフの人物像と合致しています。

1つだけ違うのは、礼です。

とても気さく=無礼という感じで、庶民に親しみやすい人柄となっていて、この微妙な違いが、また面白い^^;


ちなみに、この劉備。出てくるたびに枕詞のようにつく言葉があります。

それが「器」。

人間の大きさといったほうがいいでしょう。

すこし考えて見ました。


器が小さいといろんなことを受け入れにくい

器が大きいとさまざまなことを受け入れ、リスクを感じつつも実行できる。


曹操と劉備・・・どちらの器が大きいか?  はさておき。

自分の器を測ってみて、間口を開けると世界が広がりる。

たったこれだけで、その瞬間から「自分が変わった」と感じることができるはずですよ^^


あ、孫権、孫策、孫堅ファンの皆さんへ

孫家もすごいと思いますよ~、三国志演技のせいで、かなり地味になってますけどね^^;

GDI+DTFの解説と登録はこちら!


一票の応援ポチッお待ちしてますm(_ _)m
人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: たけぞうに暗号電文を送信する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gdidtfmlm.blog86.fc2.com/tb.php/259-844d4428
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。